雑記一覧

半分、青い。第114回

前回の放送で社長になると唐突に宣言し、見る側をポカーンとさせたスズメですが、その勢いはまだ止まりませんでした。スズメ社長のプランはつくし食堂の二号店をオープンさせるということのようで、高校生をターゲットにして五平餅を作って売るそうです。

半分、青い。 第113回

ボクテに律のことを好きだったとばらされたスズメ。ついでにあの「律を支えたい」についても清算されるようです。一応「友達として言った」ということになりました。でも「ドキッとした」と律が言ったときのスズメの表情からは、それを内心喜んでいるような気持ちがにじんでいて、まだ何かありそうな匂いを感じます。

半分、青い 第110回

居間で寝ていたスズメが目を覚ますと、見知らぬ男性がちゃぶ台でご飯を食べている・・・。え?なに?から今日はスタートです。そしてスズメが開口一番、「泥棒!!」。いやいや、驚くのは分かるけど、座ってご飯食べてる人に泥棒っていう発想はないでしょ。

半分、青い 第109回

実家の食堂に律が来て驚くスズメ。涼次から別れを切り出されてなぜか律の実家に電話した時、律の子どもが「お父さんならいます。代わりましょうか?」って言ってたから、律が岐阜にいることは知ってたはずだよね。あの時もなんで急に律の、しかも実家に電話するんだと思ったけど、何かの伏線になってるんだろうか。

半分、青いがヤバイです

朝ドラについて書くのは久しぶりですが毎日見ています。『半分、青い』、ヤバイです。「全部、真っ黒」という感じです。漫画を一生懸命書き始めた頃(だいぶ前のような気がしますが)は面白くなってきたと思ったんですが、それも2週間くらいで限界を迎え、あっさりとやめてしまいました。

NO IMAGE

続、半分、青い

『半分、青い』が面白さを取り戻してきました。正人や律、清との恋愛模様が一段落して、鈴愛は漫画の制作に打ち込むようになり、漫画家としての人生が描写されるドラマになりました。

半分、青い

今期の朝ドラ『半分、青い』の雲行きが怪しくなってきました。舞台が岐阜だった頃は楽しめたんですが、東京に来てからだんだんとつまらなくなっています。話が急展開すぎるというか、心理描写が少ないため「なんで?」と思う場面がたくさんあります。