映画一覧

ジブリ映画の女と男

今回「もののけ姫」を見ていて、印象に残ったのが「女と男」の描き方でした。タイトルはもののけ姫なのに、物語はアシタカ目線で進んでいくのは面白いです。(宮崎監督は「アシタカ聶記」というタイトルにしたかったらしいのですが、鈴木プロデューサーに全力で止められたそうです)

考察:エボシが目指した理想郷とは

エボシはシシ神退治に出かけるとき、「動ける男はみんなつれて」行きました。タタラ場の女と病人たちに留守を任せ、男たちを根こそぎ連れていったのです。村の男たちも、師匠連も石火矢衆もジバシリも、一人残らずです。もしシシ神との戦いでエボシたちが全滅すれば、タタラ場に残るのは女たちと病人だけです。

シシ神はなぜアシタカを助けたのか

「もののけ姫」が扱うテーマは大きなものから小さなものまでありますが、今回強烈に感じたのは「生と死」でした。この映画は何度も観ていますが、これまでこの部分はあまり気にならなかったのに、自分でも驚いています。