2018年11月一覧

毒親に赤ちゃんを会わせるタイミング

おなかの赤ちゃんが予定を上回るスピードで成長していて、出産予定日までまだ2か月あるにも関わらず、体重が2000gを超えています。もともと計画無痛分娩を希望しているので、あまり大きくなりすぎないうちに産みたいと思っていますが、産院の院長は「4000gでも産む人いますからねえ」とニヤニヤするだけ。

胎動が激しくて

カナダ人の友人が男の子を妊娠中に「おなかの中にカンガルーがいるみたい」と表現していました。男の子だからとびきり元気なのか、外国人だから体が大きくて筋力がすごいのか分かりませんが、当時は「へえ、胎動って大変だなあ」くらいに思っていました。

咎を背負う者10周年ガチャ

『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』の発売から10周年ということで、ヴァルキリーアナトミアではコラボイベント実施中です。新キャラの「縛鎖のエーリス」、「聖鎧のウィルフレド」が登場し、1ステップでAFが出た、天井まで回しても出ないなど、巷をにぎわせています。

『まんぷく』第32回感想 なぜ鉄板を使うのか

軍が残していった鉄板を使って塩を作ろうと思い立った萬平は、神部を連れて兵庫県の赤穂へ塩づくりを勉強しに行きました。泉大津に残った福子と武士の娘はご近所さんに引っ越しの挨拶がてら、着物と食べ物を好感してもらえないかと頼んで回っています。

『まんぷく』第31回感想

泉大津に越してきた萬平、福子、鈴、そして神部。世良に紹介してもらった倉庫は海岸まで数10メートルという立地で、倉庫というより寮のような建物でした。大部屋があったり集会場とも作業場ともとれる広い空間があったり、台所もあるし部屋もいくつかあります。

『まんぷく』第30回感想

神部と忠彦という働き手を得た香田家・今井家連合のはんこ工場ですが、売れ行きは右肩下がりのようです。これはやはりと言うか、はんこは一度行き渡ったらしばらく需要がなくなるものですからね。それに商売を真似てさらに安い値段で売り出す店もでてきたようで、こうなると供給過多、デフレとなって儲けは小さくなるばかり。

『まんぷく』第29回感想

忠彦は帰ってくるなりはんこ制作を手伝おうとしますが、克子は絵を描いていればいいと言ってくれます。でもきっと戦争の影響で書けなくなってるんだと思います。昨日の最後、万歳に紛れ込んできた神部はまだ帰りません。帰らないどころか床を掃除して居座ろうとしています。